行政書士の業務内容について

行政書士とは、官公署に提出する資料などの作成、申請などを行なう仕事で国家資格になります。主な業務内容は、相続に関する資料の作成、主に遺言書の作成など行っています。また、住宅を購入する際、土地や建物の登記書類の作成を行っています。その他にも国際関係では、帰化申請の資料作成などを行っています。その他にも法人関係では、会社を設立する際に必要な登記や製造証明書などの作成も行なっています。個人単位から法人までと幅広い顧客に対応しています。様々な行政書士事務所があり、マンションや土地などの登記をメインで扱っている所もあれば、相続に関することを行っている所や全般的に幅広く行っているところなど様々な事務所があります。

大阪のレーザー脱毛クリニックの値段・口コミを比較!

名古屋でオリジナルでやってくれるネイルサロンを教えてください。

巣鴨の不動産情報が満載!

名古屋市東区の中国語教室

横浜の山手エリアの不動産物件は高いですか?

最新記事

  • 行政書士の業務内容は実のところあまり知られていません。簡単に言うと、市・区役所や各省庁、また警察署な …

    詳細はコチラ!

  • 行政書士の業務内容としては、行政書士法に基づき他人の依頼を受けて官公署に提出する書類、その他権利義務 …

    詳細はコチラ!

  • 行政書士の業務内容は多岐にわたります。その中でも増加しているのが、遺言や相続にまつわる相談・依頼です …

    詳細はコチラ!